大工の現場から

【家づくりレポート】断熱工事

2020.05.27

今日は、大工工事はいったんお休みで、断熱工事が施工されました。
A様邸で採用させていただいたのは、現場発泡の吹付け断熱。ポリウレタンを主成分としたスポンジ状の断熱材です。一般的なグラスウールなどの断熱材と比べると、施工に手間がかかりますが、窓や筋交い周辺といった細かな部分にも隙間なく充填でき、優れた断熱・気密・遮音効果を発揮します。A様邸の場合は電車の線路に近いことや、娘さんがピアノを弾かれることもあり、遮音効果が高いというのもポイントでした。

ガンで吹き付けていくと、モコモコっと膨らんで、家中をすっぽりと覆います。


外部はサッシの取付けが完了し、透湿防水シートを張りました。


来週から引き続き、大工工事を進めていきます!

お問い合わせ

「大工棟梁と建てる木造注文住宅」に
ご興味をお持ちいただいた方へ。